思い出に残る記念楯を贈る

記念楯を思い出に残るプレゼントにするためのポイント

いろいろなデザインが用意されている記念楯は、贈る場面によって選び方も変わります。相手のことを考えて選ぶのが大事です。思い出に残るような記念楯を相手に贈るために、いくつかのポイントを知っておきましょう。

記念楯をどうやって探すか

記念楯を探しているならば、名入れをしたオリジナル商品を取り扱っている専門メーカーを調べてみましょう。専門のメーカーならばクオリティや補償の面など対応も安心です。希望や予算を伝えることで打ち合わせをすすめることができ、ロットが多い場合でも対応してもらえます。作成までに時間がかかることも多いので、余裕をもって依頼しましょう。
また、記念楯は贈る相手と目的によって選ぶことが大事です。何を記念するのか考えましょう。オープン記念など目的をはっきりさせて、贈る相手のことも考えるとどんな記念楯がいいのか判断しやすくなります。記念楯を取り扱っているホームページで、まずはどんなデザインがあるのか参考にしてみましょう。

いろいろなシーンで贈られる記念楯

周年記念や創立記念は、企業や学校の節目になる大切な日です。日ごろからお世話になっている顧客や社員などが感謝の思いをこめて、記念楯をおくることがあります。記念楯を贈ることによって円滑な人間関係を構築したり、さらなる発展に向けてきっかけをつくることが可能です。記念楯と一緒に手帳や置時計、筆記用具などオリジナルの記念品を作ることも検討してみましょう。
また、退職や定年を記念して記念楯を贈ることも多いです。新しい門出をお祝いするメッセージや名入れの記念品なども一緒に添えましょう。このように、創立記念ならば感謝が伝わる内容の記念楯にして、退職や卒業を記念するもらばこれからの進展を祈る気持ちが伝わる記念楯にすると喜ばれます。

記念楯のオーダーの仕方について

記念楯はいろいろな種類が存在します。アクリルやクリスタル、金属プレートなどさまざまです。オリジナルの記念楯が欲しい場合、フルオーダーとセミオーダーによる注文方法があります。フルオーダーはデザインを一から始める方法であり、他にはない記念楯を作成することが可能です。飾り枠やロゴなどどのようなレイアウトにしたいか話し合いをしながら作ることになるので、信頼できるお店に依頼しましょう。
セミオーダーは既製品を組み替えして作る方法となっています。予算や納期に合わせてどちらがいいか判断しましょう。どちらの方法も時間に余裕を持って、早いうちから準備を始めることをおすすめします。柔軟な対応ができる店舗を探しましょう。